特技は優柔不断 ぶーの「ぐ〜たら日記」

1年以上の放置を経て再開です。  この1年で生活環境が激変。
普通ではできない貴重な経験もたくさんできたように思います。  お伝えすることで何か些細なお役にでも立てれば幸いです。。
しかし、本質、優柔不断。。あくまでゆったり、まったりです。。。。。

マイカー

愛車の車検

先日、わが愛車の車検に行ってきた。
自分の車の車検に行くのは実に4年ぶりだ。

2年前の車検の時には、購入後初回の車検ということと、若干フトコロに余裕もあったので奮発してディーラー車検に出した。

今回は主にフトコロ事情から自分でユーザー車検を受けることにした。

前回の車検でかかった費用は整備込もろもろで約11万円だった。

今回はその半分以下で済む見込みだ。

50円で申請書を購入し、重量税16400円と検査費用1700円の印紙を書類に貼ってもらう。
自賠責保険を更新し27840円を支払う。
受付で書類を記入し、窓口に提出しチェックを受ける。

書類をチェックしてもらうと、いよいよ検査ラインへ車を進め、検査開始。
検査官の目視とハンマーによる外観やランプなどチェックを経て、サイドスリップ、スピードメーター、フット及びサイドブレーキ、ヘッドライト下廻り、排ガスと検査を受ける。

案の定というか、予想通りヘッドライトの光軸が検査に引っかかった。
本来なら合格印をもらう検査官のブースを素通りし、そのまま車検場から出て、検査場裏のテスター屋さんへ向かう。
調整料金1000円。
光軸を調整して、ヘッドライト下側に新聞紙を貼り付けてもらい、半目隠し状態で再び検査場のラインへ。
1度検査ラインに入り不合格になった場合、調整や修理後もう一度検査ラインに入り検査を受けることを再検という。
何度ラインに入っても追加料金は発生しない。
再検は不合格になった部分だけを受ければOKで、コース入口に再検項目を選ぶスイッチがある。

もしその日のうちに修理や調整ができなければ、検査に合格した部分に対して仮車検証が発行される。
不合格部分は、後日修理や調整が終わった後、再度その部分の検査を受けて合格すれば正式な車検証が発行される。
この場合、重量税の印紙を貼った書類はユーザーに返却されるが、受検日が変わってしまうと再度検査費用(この場合1700円)が必要だったはず・・・・・

で、再検はというと...無事合格。

検査官に合格のハンコをもらい、窓口に提出。

ここで窓口のお姉さんから、重量税の印紙の金額が違うので貼りなおすようにと指示を受ける。
小型1t以下の重量税は16400円なので、その金額で印紙を貼っていたのだが、わが愛車フィットは「エコカー」という区分らしく、重量税は10000円でよいのだそうだ。
印紙を貼ってくれた窓口に持っていくと、受付のお姉さんがいやな顔一つせず印紙を貼りなおしてくれた。
「すいませんね〜」というと、「今は区分が分かりにくくてよくある事なんですよ」とにっこり。
なかなかできたお姉さんだ。

無事印紙を貼りなおしてもらい、再度窓口に提出。
待つこと数分で新しい車検証とフロントウインドウに貼るシールをもらい、車検終了。

今回の車検にかかった費用
書類代 50円
自賠責保険 27840円
自動車重量税 10000円
検査登録料 1700円
ヘッドライト調整費用 1000円

合計 40590円

前回の4割以下の金額で終了した。
これでまた2年、この車に乗れます。
ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

直った・・・らしい

昨日、「そろそろ直ってくる頃かな〜」なんて言っていた我が愛車。続きを読む

オカマ事故から2週間

追突事故に逢ってから2週間が経過し、そろそろ愛車も直って来るかな、などと思う今日この頃だ。

続きを読む

事故その後・・・ 経過は順調・・・だよね?

連休も明け、今朝になってようやく?お相手の保険会社から連絡が入った。

相手の過失100%で事故処理してくれるそうだ。
修理に出しているホンダカーズにも早急に連携してくれるそうで、一安心。

午後には、そのホンダから貸して頂いている代車を事故対応のレンタカーに入れ替える旨の連絡も頂いた。
現在ホンダからお貸し頂いているのは我が愛車よりはるかに新しい型の同車種フィットだが、今度の代車はどんな車だろうか?

け、軽かな? (*≧m≦*)ププッ

ちょっと楽しみ。
いろんな車に乗るのは楽しいねえ〜
(*'ー'*)ふふっ♪

愛車、その後・・・

先日、スマートキーのトラブルを無償修理して頂き、お伺いを立てていたCVT(無段階変速機)の異常も無償で修理して頂ける事になった我が愛車フィット。
明日ドックインの予定だったのだが、なんと今日・・・お釜掘られた。。
リヤゲート


ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!


近所の土手の県道で、信号待ちで停車したところに、ドカンと・・・
幸い両者ともに怪我もなく、車が壊れただけで済んだのは不幸中の幸い。
お相手は電設関係の会社の作業車?という事で、会社が任意保険にも入っておられるようなので、保険で直していただけそうです。

ホンダカーズさんに無理を言って、1日早いドック入り。
それに加えて、連休中という事もあり、保険屋さんとの連携もまだ取れない中、代車の手配までして頂きました。

通常、事故の時の代車はレンタカーなのだそうだ。
でも今回は、事故がなくても明日ドック入りする予定だった事もあり、明日の修理用に用意していた社用車を、一時的とはいえそのまま貸して頂いた。

ありがたいねえ〜

修理のメインはリアゲートとバンパーの交換だそうだ。
ちなみに、リアバンパー周りには先日交換したスマートキーのセンサーアンテナもあるのではないだろうか?

保険屋さんとの対応も含め、このまま、ノートラブルで終わりますように。

((((* ̄ー ̄*)†~~~

愛車のSmartキーがスマートじゃなくなった件

先月末、愛車フィットのSmartキーの警告灯が点きっぱなしになった。
購入したホンダに持って行ったら、センサーのアンテナ交換が必要ということで、今日はその交換に来た。

購入してから3年近く経つというのに、購入した時の保証がまだ残っているとかで、修理費用はなんと無料だ。
ありがたいねえ。(*≧m≦*)ププッ

先月、診断に来た時に、コンピュータをリセットしてもらったら、それまで使えていたオートロック機能まで使えなくなってしまった。
それでも、ドアの開錠とエンジンのスタートは鍵なしでできていた。

おいしいアイスコーヒーを頂き、iPhoneをいじっている間に修理完了。
所要時間は30〜40分と言うところか。

修理結果は良好。
警告灯は消え、スマートキーの状態も元に戻った。
直したんだから当たり前か。 
Ψ(`▽´)Ψウケケケケケ

修理完了後、最近気になっていた違う症状についても尋ねてみた。

ここ1カ月くらい前からだと思うのだが、発進時にアクセルをやんわり踏んでいくと、
ボディーがビビる?
バイブレーションが出る?
エンジンの回転が落ち込む?
ような症状が出る。

アクセルを少し多めに踏み込むとこの症状は出ないのだが、燃費が悪くなりそうだ。

CVTのオイルを交換して当たりを出すとかいう作業で直るらしいです。
よくわかりませんが・・・・

これも残った保証で直してもらえるかもしれないという事で、ホンダからの連絡待ちです。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

車検・・・

来月車検だ〜〜という日記を書いたのは先週の金曜日だった。
翌日ディーラーに行って見積もりをもらうはずが、まさかのiPhone4水没事故。

そんなこんなで結局見積もりに行ったのは日曜日。
前回の日記にも打ち消し線を入れて既に訂正してあるが、エコ減税は1度しか使えないんだそうだ。
前回の車検、つまり購入時に使っているのでもう使えないということ。

で、結局法定費用は予想より+1.5万円の4.6万円ほどのようだ。

で、肝心の見積もりはというと、約10.8万円(法定費用込み)というところだ。
24カ月点検、消耗部品代、車検代行手数料で約6.2万円だ。

決して安くはないが、04年式だと考えれば点検はちゃんとやっておいたほうがよい気もする。
昔はそんなのお構いなしで安いほうを無条件に選んでいたが、もうそういう歳でもないだろう。

で、車検は1か月前から受けられるので、明日出すことにした。
代車も出してくれるらしいが、上がりは明後日だ。

タイヤも近く交換が必要だし、ユーザー車検にして浮いた分でタイヤを買おうかとも考えたが、ホンダオートテラスの担当の方はとても良くしてくれるので、けちなことを言うのはやめた。
自分に良くしてくれる人には、良くしてあげたいお人良しな面もあったりするぶーでした。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

来月は車検だ

このブログで、車を買ったと書いてからもう2年になるのか。
そのとき買ったフィットがもうすぐ車検です。

車検は1か月前から受けられるそうなので、来週にはもう受けられる。
さて問題は車検の方法だ。
ディーラー車検かユーザー車検か。

車検は通すだけならとても簡単だ。

車検場の窓口で申請書類を書き、自賠責を更新し、重量税と検査手数料を納め、検査用ラインに車を通し、問題なければ新しい車検証がもらえる。

下周りのオイル漏れやシャフトブーツの破損、投下類の球切れやワイパー、ホーンなどの動作不良、ヘッドライトの光軸のずれなどがなければたいてい通る。

かかる費用は
書類代 60円?
自賠責保険料 24950円
重量税5000円(75%減免) 20000円(減免は1度だけ)
検査手数料 1700円

合計31710円 46710円   だけだ。

光軸などの調整にテスト屋を使うとプラス1000円ほどかかる。

現状乗っていて支障がないなら、車検は驚くほど簡単に通る。

ただ、車検が通ったからといって故障しないという保証にはならない。
車も機械である以上使っているうちにヘタってくる。
ディーラーはヘタってきたパーツを完全にヘタる前に交換するから高くなるのだろう。

ちょうど、フィットにはパワーウィンドーのリコールが出ているらしいので、明日交換ついでに車検の見積もりを出してもらおう。

高ければ、ユーザー車検だ。
Archives
記事検索
Amazonライブリンク
カスタム検索