特技は優柔不断 ぶーの「ぐ〜たら日記」

1年以上の放置を経て再開です。  この1年で生活環境が激変。
普通ではできない貴重な経験もたくさんできたように思います。  お伝えすることで何か些細なお役にでも立てれば幸いです。。
しかし、本質、優柔不断。。あくまでゆったり、まったりです。。。。。

買い物

iPhone5と対応アクセサリー

iPhone5入手から数日が経ち、すっかり手に馴染んできたが、不便なところもぼちぼち出てきた。

その一つが「Lightingケーブル」。
仕事場と寝室に1本ずつ欲しいところだが、変換アダプタはおろかケーブルすらどこにも売っていない。
付属品の1本のみと言う心許なさだ。

アップルストアでさえ出荷に2〜3週間。
10月に入ってからの発売のようだ。

ケースと保護フィルムだけはすぐ手に入ったが、その他はまだまだだ。

少々厚いTPU製のケースに入れても、4よりも薄くて軽いiPhone5。
傷の付きやすさを指摘した記事をチラホラ見かけるようにもなってきたブラック×スレートだが、それ以上に気になるのが、ホームボタンのチープな音と感触だ。
薄っぺらい音でペコペコ鳴り、いかにもすぐ接触不良になりそうなタッチ感。
ホームボタン廻りは今回より小さく?頑丈に??作り直されたらしいが、壊れないといいが・・・

というわけで、ぶーは「設定」「一般」「アクセシビリティ」の中にある「AssistiveTouch」という機能を使い、あまりホームボタンに触らないようにしている。
「AssistiveTouch」は液晶上に仮想ボタンを表示し、ホームボタン、Siriの起動、デバイスの操作、モーションの登録などができる標準のサポート機能だ。
画面上にあるので、使い方によっては若干邪魔になる時もあるが、画面上の周囲にどこでも自由に移動できるので、慣れれば意外と便利だ。
普段は消しておいて、ホームボタンの3回押しで呼び出したりもできる。

次に不便なのが車内での充電と音楽。
充電はシガーソケットタイプのUSB電源アダプターにLightningケーブルでよいが、ここでも1本しかないケーブルを使いまわす羽目になる。
iPhone4では、Dockに接続して充電とカーオーディオへの出力の両方ができるくシガーソケット用充電&オーディオケーブルを使っていたが、来月発売される30ピンアダプターはこれに使えるのだろうか?
iPhone5のDockは完全デジタルだと何かで読んだが、30ピンアダプターにはDAC(デジタルアナログコンバーター)が入っているらしく、オーディオのアナログ出力に対応している。

ちなみに現在は、オーディオ出力にはBluetoothアダプターをカーオーディオに繋いで使っている。

サードパーティー製の様々な周辺機器、グッズが追々出てくるのも楽しみの一つだしね。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

iPhone5、ゲットしました!

これと言ったトラブルも無く、あっけないほど簡単にiPhone5は入手できました。
「史上かつてない予約数」と聞いていましたので、当日入手はおろか、今月中も危ないかと思っていました。
ソフトバンクショップ(SBショップ)のお兄さんの話では、「思った以上に入ってきた」らしい。
予約初日分くらいは入ったのか尋ねると、「初日予約数の半分くらい」という事で、初日だけで100人以上の予約があったそうです。
ぶーが30番前後だったから、あれから70人以上来たってことか。

あっ、そういえば「設定」でちとあった。
先日、iPad購入時にも書いた事だが、ショップで初期設定をしてもらっても、iCloudからバックアップを復元したければ、全てをリセットしてからやり直しになるという事。

SBショップでは、Wi-Fiスポットのプロファイルの一括設定などサービスでやってくれるが、iCloudからの復元はやはり初期設定時にしかできないようだ。
ぶーが行ったSBショップでは、その事を全く把握していなかったようだった。
復元はいつでもできると思っていたようだ。
iTunesからならできるのかな?

SBショップでは、iPhone5だけでなく、ソフトバンクコレクションのTPUケースと保護フィルムも一緒に買った。
保護フィルムは、SBショップのお兄さんがとても綺麗に、気泡一つなく貼ってくれた。
特別な事は何もせず、ショップのカウンターの上で、普通に貼ったのにとても綺麗な仕上がりだ。
お兄さん曰く、「やっぱり良いフィルムはうまく貼れるんです。」との事。
この場合、「良いフィルム」=「高価なフィルム」というわけではないようだ。
ぶーが買ったフィルムは、1680円だったが、2枚入りだ。
さすがソフトバンクコレクションという事か?

料金プランは「パケット定額」+「テザリング申し込み」+「ホワイトプラン24」。
安心パックの類はなし。
かいかえ割は後日、メールでの申し込みらしい。

先日の会見で孫社長が力説していた「下取りサービス」は受けなかった。
せっかく増額してくれたのだが、iPhone4は当面、iPod兼ゲーム機兼サブ電話機として残すことにした。
スマホ家族キャンペーンとiPhone家族無料キャンペーン(ゼロから定額)を使うと、2年間「通話料のみ」でiPhone4を使う事ができる。
「パケット1980円使い放題」だけが、やたら宣伝されているように見えるが、「ゼロから定額」で契約して、iPhone4のモバイルデータ通信をオフにしておくとパケット通信をしないので、パケット代はゼロだ。
ホワイトプランも、S!ベーシックプランも、パケット代もゼロなので、通話料だけという事になる。
それでもWi-Fiスポットは使えるし、モバイルルーターを使えばスポット以外でもデータ通信はできるし、iPhone5のテザリングが使えるようになれば、もっと便利になる。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!
なんてね!

iPhone5、予約は完了!

先程は暇つぶしにiPhone4から投稿してみたが、とりあえずiPhone5の予約は完了した。
発売当日に購入できるかどうかはわからない(おそらく無理だろう)が店頭購入するよりは早く手に入るだろう。

予約したモデルは「黒、64GB」。ブラック×スレートってやつだな。
ぶーの場合、iPhoneの選択肢に白はない。
今までもずっと黒だし。これからも多分そうだ。

逆にiPadはずっと白だ。

予約に行った時、店頭には価格の情報は一切なかった。
深夜の米国発表では4Sと同じ399ドルと聞いていたので、67200円だと思い込んでいたが、実は72000円だった。
auのiPhone5は82320円らしい。
(*≧m≦*)ププッ

auでは72000円は32GBモデルの価格のようだ。

ぶーはiPhoneもiPadも機種代金は一括で購入するので、安い方がありがたい。

ソフトバンクとauの料金体系の違いは知らないが、今度調べてみようかな。
だからと言って、auに乗り換えることはもうないが・・・・
新規ユーザーばかりに値引きして既存ユーザーからは高い料金をふんだくるauは嫌いだ。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

iPhone5、予約に来てみた

今日の16時からiPhone5の予約開始と言う事で、近所のソフトバンクショップに来てみた。
画像1


思ったより人が少ない。
ま、都会の真ん中じゃないし、こんなもんかな。
同じ並びにあるauショップの方が盛況の様だ。

もしかして、テザリング効果か?
画像1


順番までゆっくり待とう。

タッチペン、その後?

先日、購入したSu-Penは実に快適な使い心地で大変満足しているが、、その後もショップなどに行くとついついタッチペンを見てしまう。

特に、Su-Penと同じような繊維を使ったペン先の物が目につくようになった。

そんな中、今回もつい衝動的に買ってしまったのはこれ。
02

スマートアルファ2 4girls タッチペン

このタッチペンは片側がタッチペン、もう片方が油性のボールペンになっていて、両側ともペン先が収納できるようになっている。
57

タッチペン側のペン先も0〜4mm程度まで出方を調整できる。
使ってみると、感度は決して悪くない。
保護シートを貼った上からでも十分スムーズに反応する。
ただ、ペン先は少し柔らかいように感じられる。
少し使っているうちにペン先がへしゃげた様に変形してきた。
指でつまむと簡単に元に戻るが、戻ること自体が柔らかいということだろう。
先が多少変形しても使用に支障はないが、見た目は良くない。

ペン先の出る量を少なく調整すると変形し難くはなるようだ。

ちなみに、ペン先やボールペン部の芯は交換できないみたいなので、ある意味、使い捨てだ。
価格は1050円(税込)で、Su-PenBambooスタイラスよりはるかに安価であり、ボールペン機能を持たないタッチペンでも1000円前後の物は多いので、ボールペンが付いているだけお買い得品ということだろう。
ペン自体の質感は高い。
35

さらにこのタッチペンは、iOSアプリ「ibisPaint - Speed Painting App」の推奨スタイラスらしい。






ibisPaint X - 無料版(広告表示あり)

ibisPaint - 有料版

イヤホンが鳴らない?

ぶーはiPhoneで音楽(と言っても、もっぱらAKBだが・・・)を聞く。
車では、カーオーディオのAUX入力でシガーライターから充電しながらドックに接続するアダプターを使用し、車外ではハンズフリー用のイヤホン(SONY MDR-EX38IP)か、Bluetoothのオーディオレシーバー(大分古いけど、SONY DRC-BT15P 未だに現役(*≧m≦*)ププッ)で聞く。
どちらもハンズフリー通話及びiPhoneの音楽再生、スキップ、音声コントロールなどその他の各操作に対応している。
Bluetoothと有線の使い分けは、音楽を聴きながらどの程度iPhoneを使うかによる。
メールやWebを見たり、他の操作を頻繁にするなら、コードが邪魔にならないBluetoothの方が快適だし、音楽を聴くだけなら有線の方が手軽だ。

ちなみに、ぶーには「音」に対する「こだわり」は特にない。
ノイズや音切れはさすがに気になるが、必要以上にナーバスで高性能な耳は持っていない。

今日もいつものように、イヤホンをiPhoneに繋ぎ、アルバム「1830m」を聞こうとしたところ、右側の音が出ない。
!?
iPhoneの故障か、イヤホンの故障か、この時点では分からなかったので、カバンからiPadを取り出しイヤホンを繋いでみるとやはり右側から音が出ないので原因はイヤホンに確定。

早速新しいイヤホンを買うことにした。
今度のイヤホンは「SONY DR-EX101IP」だ。
前回同様、iPhone対応でハンズフリーが使えるタイプ。
これを選んだ理由は、安かったからと、新製品のようだったからだ。
03

2〜3万もするようなイヤホンもあるようだが、ぶーには宝の持ち腐れだし、どうせ違いも分からない。
それに個人的にSONYの抜けた?音、好きだし。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ
実際、これも使ってみて、大変満足しています。

ぶーはiPhoneをシャツの胸ポケットにいつも入れているので、最近の1.2mもあるコードは実は大変に邪魔です。
Bluetoothレシーバーに使っているイヤホンは長さ60cmタイプの物(SONY MDR-EX35SP)なので、程よい長さなのですが、ハンズフリータイプにこの長さの物はありません。
代わりに、コードを巻いておくアジャスターが付いています。
胸ポケットにiPhoneと入れておくため、ぶーはアジャスターに写真のようにコードを巻いています。
このように片側にコードを出すことで、ポケットへの収まりも良くなります。
13

また、たまにポケットの小さいシャツもあるので、その時はLOFTで買ったシステム手帳用のペンホルダーを使って写真のようにしてポケットに差してます。
14
39

今度はbluetoothの新しいレシーバーも欲しいなあ。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!






究極のタッチペン? Su-Pen

前回はiPadの保護シートが思った以上にうまく貼れた話と、せっかくうまく貼れたシートをケースが浮かせてしまう話を書いた。
今回は引き続き、またまた思わぬところで思わぬ事態が発生した話だ。
(≧◇≦)エーーー!

前にも書いたように、ぶーは液晶面への映り込みと指紋汚れがベタベタ付くのが大嫌いで、iPhoneやiPadでは「表面サラサラのノングレアタイプ」の保護シートを使っていた。
加えて、決してスマートとは言えない指の持ち主であるため、タッチペンを使う事も多い。
ところが、そのタッチペンが、今回貼り替えた「表面ツルツル光沢シート」では非常によろしくない。

1、ペン先が滑らない。
2、キュ〜〜と不快なノイズ。

ぶーが普段使っているのはWacomのBambooスタイラス
以前、ここでも紹介した事のあるしっかりとした造り&細いペン先&ペン先交換OKで長く使える名品だ。
ところが、今回貼り替えた光沢シートでは、このペン先のゴムが相性よろしくない。
ぶーは普段の筆記時でも、何枚も下の紙にまで書き跡が残ってしまうほど筆圧が高く、シャーペンなど芯がすぐ折れて使い物にならないくらいだ。
タッチペンでもこの筆圧の高さが災いしているのかもしれない。

だが取り敢えず、このゴムのペン先が駄目なのかな?というわけで、ゴムではないペン先のタッチペンを探してみた。
筆状のペン先の物やいくつか見つける事が出来たが、今回は「 Su-Pen」を購入してみた。

14

このペンは知る人ぞ知る「MetaMoJi」の製品だ。
この会社は一太郎の生みの親、浮川氏が代表を務める会社で、iOSアプリ「7notes」シリーズの提供元でもある。
Su-Penのペン先は導電性の繊維を編みあげた物でできており、ゴムではない。
また、ペン本体はステンレス製のしっかりとした造りになっている。
説明書によると、ペン先を市販のペンシルホルダーに装着しても使えるようで、ペン先だけ購入して本体は100円ショップのペンシルホルダーというのもありかも知れない。
Su-Pen ペン先

さて、そんなSu-Penの使い心地だが、実になめらかだ。
光沢シートが貼られた液晶の上を、音も無く滑って行く。
逆に、ノングレアシートの上では、シャカシャカとBambooスタイラスより音がするが・・・

書き心地とパッドの反応は上々のSu-Pen。
跡はペン先の耐久性だがそれはしばらく使ってみるしかない。
ペン先がヘタったら、交換用のペン先を買って、100円ショップのペンシルホルダーとのマッチングも試してみたい。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!











7notes mini (J) for iPhone



7notes for iPad

新iPadを襲ったプチトラブル

前回、新iPadを買って意気揚々と帰ったぶーだが、
iPad2の時の環境を復元しようと試みたが、どうもうまくいかない。
うまくいくいかない以前に、復元すべきバックアップにたどりつけない。

ぶーはバックアップをiCloudに取っていた。
最終バックアップは前日の20時。
機種変前に、iTunesにバックアップしておけば何の問題もなかったのだが、機種変自体が思いつきなのでそこまで気が回るわけもない。

購入時、ソフマップで初期設定されていたiPadは、iCloudのiPad2のバックアップにはアクセスできない。
iCloud上にある別のiPadのバックアップにアクセスできるのは、初期設定の時だけのようだ。

というわけで、せっかくやって頂いた初期設定だったが、リセットしてやり直す羽目になってしまいました。

でも、新品で買ってきたのに、いきなりリセットだなんてなんかいやな感じだ。

新しいiPadとして最初から登録してもよかったのだが、アプリの数を考えて尻込みしてしまった。

無料アプリなどを試しに落としていたり、購入したものでも今は使わないものなど、700ほどあるアプリを選択していくのがとても面倒だったので復元を選んだ。

リセット後、初期設定を進め、iPad2からのデータを復元できたが、1回で全て完了したわけではなかった。
ホーム画面は元に戻り、アイコンは元通り配置されたが、肝心のファイルはほとんど復元されていなかった。

iTunesに接続すると残りのファイルは復元されるというメッセージが出たので、iTunesに接続しすると復元の続きが始まり、全てのファイルが復元された。

その後、SoftbankのWiFiを使えるように「一括設定」を行ない、iTunesに表示されている名前をiPad2からiPadに変更し、WiMaxのパスワードを設定し直してほぼ元の状態に戻った。

あとは使っているうちに、IDやパスワードを求められるアプリが出てくる程度だろう。

実際の使用した感じでは、iPad2との違いは今のところ感じられないが、追々いろんな発見があるだろう。
楽しみです。(*≧m≦*)ププッ

急にiPadを買ってみた。

今朝、急に思い立って、iPadを買った。
今までiPad2を使っていて、別に不便は感じていなかったが、その気になったものは仕方がない。

iPad2は3Gモデルだったので、iPadも3Gモデルに機種変更することにした。

資金に余裕があれば、iPad2も残しておきたかったが、貧乏人なのでソフマップの買い取りに出した。
さらに買い取りに有利なように購入先もソフマップだ。
買取金額10%アップ。

さらに、機種代はいつも通り一括払い。
付いたポイントで、Simplism スマートレザーシェルケースELECOM iPad 保護フィルム 気泡ゼロ加工を買った。

iPhoneと違い、SIMは使いまわしのようだ。
iPad2から抜いて使っていた。

WiFiモデルは、シールされた箱のままで商品が渡されるが、3Gモデルは「初期設定します」と言う事で、15分ほど待たされた。

実はこれが帰ってから、ちょっとしたトラブルになる。

続きは次回で・・・



久しぶりの衝動買い (*≧m≦*)ププッ

昨日、デジカメを買った。
しかもコンパクトタイプ。
機種は「オリンパス SZ-14」。
発売時期は今年の2月下旬だから、そう古い機種でもない。
画素数こそ、1400万画素だが、24倍の光学ズームは、寄りもピントも早さは上々だ。
オリンパスのコンデジと言えば、なぜ「SH-25」や「SZ」でも「31」ではなくて「14」なのか。
SH-25でないのは、GPSは不要だし、高いから。
SZ-31も高いからだ。
あと、MR(マルチレコーディング)はぶーには不要の機能だ。

ぶーはもう1台デジカメを持っている。
パナソニックのLUMIX FH5だ。
こちらは画素数こそ1600万画素だが、光学4倍ズームで昨年の2月発売の機種だ。

今年は、コンデジでも高倍率ズームが流行っているようなので、手頃なところを選んで買ってみたというわけだ。
Eye-Fiに正式に対応している事も、今後の楽しみのひとつだ。















OLYMPUS SZ-14 シルバー

ケーブルレリーズ RM-UC1互換

OLYMPUS SZ-31MR BLK

OLYMPUS SH-25MR BLK

Archives
記事検索
Amazonライブリンク
カスタム検索