特技は優柔不断 ぶーの「ぐ〜たら日記」

1年以上の放置を経て再開です。  この1年で生活環境が激変。
普通ではできない貴重な経験もたくさんできたように思います。  お伝えすることで何か些細なお役にでも立てれば幸いです。。
しかし、本質、優柔不断。。あくまでゆったり、まったりです。。。。。

PC

最新ビルドと旧ビルド

手持ちのPCをWindows10にアップグレードして数日経つが、ある事に気付いた。
PCによってインストールされたWindows10のバージョン(ビルド)が違う様だ。
システムのバージョン情報で見てみると、今回アップグレードした3台のうち、1台はコルタナが使えるバージョン1511、OSビルド10586.11だが、他の2台はバージョン情報に「バージョン」や「OSビルド」の項目はなく、管理ツールのシステム情報で見ると、「バージョン 10.0.10240 ビルド10240」と書かれている。
同じ様にもう1台の方も観てみると、「バージョン 10.0.10586 ビルド10586」になっていた。

使用に当たっては、コルタナが使えない以外の違いは判らないが、何か気持ち悪い感じは残る。
実際にはコルタナは使わないだろうから、違いは全くないが、新しいモノ好きのぶーとしては意図ぜず古いものを掴まされた感が否めない。

Windows Updateをしても「お使いのデバイスは最新の状態です」と言われるだけ。
動作に大きな不具合はないので、もう8.1に戻す事はないだろうから、ディスクに居座るwindows.oldは削除しておいた。

昨日になって、タブレットPCのW4-820の方のWindows Updateに新ビルドへのアップデート通知が来た。
早速アップデートしてみると、アップデートに掛かった時間は約50分。
バージョン情報には「バージョン1511 OSビルド10586.14」と書いてある。
ちなみに、最初にビルド10586にアップグレードしたPCはi7-3770で64ビット版のWindows10だが、W4はAtom-Z3740で32ビット版のWindows10だ。

ともあれ、W4ではコルタナが使えるようになった。
タブレットでコルタナが使えるのは便利かもしれないが、人前でPCに話しかけられるほど若くはない。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

追記  今朝起動してみると、i7-PCのビルドも10586.14に上がっていた。更新されたようだ。

W4-820にもWindows10を入れてみた。

前回、デスクトップ2台にWindows10を入れてみたが、今回は正式通知?を待たずにW4-820にも入れてみた。

ダウンロードページからUSBメモリーにインストールファイルをダウンロードし、そこからアップグレードした。
W4のWindows8.1はHomeエディションなので、無料アップグレードできるWindows10もHomeエディションになる。
ガイダンスに従い、アップグレードは無事完了したが、処理能力のせいか約1時間掛かった。

起動したWindows10はタブレットモードになっていて、一見何の不具合も無さそうだったが、Wi-Fiに繋がらない。
Wi-Fiアダプターは正常に認識され、アクセスポイントも見えているが接続出来ない様だ。
設定のやり直しか?とも思ったが、ドライバーの更新で2つあるドライバーの日付の古い方に更新したら使える様になった。

何か具合が悪ければWindowsUpdateで何とかなるだろう。

今のところ他にこれと言って不具合はないが、これと言って良いところもまだ見つかっていない。

Windows10 遂に来た!!

検査入院を終え、帰宅しPCを立ち上げてみると、何か見慣れぬメッセージが?
と、言うよりは前に一度見た「Windows10にアップグレードしましょう」メッセージが。。。

開いてみると「今すぐアップグレード」の文字が!!

やっとウチの自作PCにも、Windows10が入れられる時が来たようだ。
取り敢えず未だメインで使っているCore2Duoの8.1PCからアップグレードしてみた。
アップグレードの同意後、すぐにインストールを選んでから約1時間半。
数回の再起動を繰り返し、見慣れたデスクトップに見慣れぬ黒いタスクバーのWindows10が立ち上がった。

まだほとんど使っていないので、モノの良し悪しはわからないが、まず不具合が1つ。
ぶーはこのPCではエレコムのBluetoothキーボードを使っているが、起動直後のWindows10では動かなかった。
原因は、USBに挿していたBluetoothアダプターのドライバーが「Canon i-tech USB Driver for Bluetooth」とやらに置き換わってしまって動かなくなったからだ。
ドライバーの更新で、GenericのBluetoothアダプターに戻すとすんなりと動くようになった。
その他は噂に聞く削除されたアプリもなく、すんなりアップグレード出来たっぽい。

そこでもう1台のCore i7-3770PCの方もアップグレードしてみた。
こちらはなんと10分足らずでアップグレードが完了。
CPUメーターのガジェットを表示するために入れていた「8GadgetPack」が動かないと削除されたようだ。

まあ、何はともあれやっと我が家にもWindows10が来た。

あとはAcerのW4だけだ。

Windoows10 未だ来ず

Windows10への無償アップグレードが始まってから1か月以上が過ぎた。
早々に予約は済ませたものの、我が家のパソコンはまだ1台もアップグレードできていない。
我が家にある4台のパソコン中3台は自作機で、あと1台はAcerのタブレットだ。

自作機3台は無償アップグレードの予約を済ませ、ダウンロード待ち。
連日、Windows Updateでインストール(ダウンロード?)の失敗を繰り返している。
検証とやらが終わるとちゃんと動くWinows10がダウンロードされるらしい。
いつになるのやら、まあ現状のWindows8.1で何も困っていないので、気長に待つことにしよう。

問題は残る1台。
Acerのタブレット、W4-820だ。
これにはアップグレード用のアイコンも出ず、未だにアップグレード予約さえできていない。
Acerのサイトによると、このタブレットも無償アップグレードの対象機種だが、予約アイコンは出ない。
ググってみると、この状態の人は結構多いようなのである意味安心した。
強制的にアップグレードしてもいいのだが、この機種をプレビュー版で使っていた人によると、何かのドライバーに不具合もあったようなので、こちらもおとなしく待つことにした。
おそらく、準備?が整ったら、アップグレード予約のアイコンも出るのだろう。
と勝手に判断してしばらく待ってみよう。

来週から職業訓練も始まるので、今パソコンの調子を狂わせたくない。
冒険はしばらくやめておこう。

DLNA機器としてのひかりTVチューナーST-3200

ひかりTVの放送中や録画した番組をネットワーク上のPCで視聴しようと思い、ちょっと試してみた。
ひかりTVのサイトには、Android機のスマホやタブレットでの視聴についてはページを割いて説明されているが、パソコンについては書かれていない。
ダブルチューナーのIS1050については、録画した番組をホームサーバで視聴する方法は書かれているが放送中の番組視聴については書かれていないようだ。

そう思いながらひかりTVのサイトを探し回っていると、思わぬ浅いところに答えは見つかった。
http://www.hikaritv.net/application/ の「もっと活用しよう」というページに、ひかりTVのDLNA機能について簡単に書かれていた。
このページによると、放送中や録画済みの番組をネットワーク上のPCで視聴するには、チューナー以外に「DiXiM Digital TV 2013」というDigiOn製のソフトが必要なようだ。
少し調べてみると、「DiXiM Digital TV 2013」はバンドル専用製品のようでIOデータの「RECBOX」にバンドルされているらしい。
市販製品としては、「DiXiM Digital TV Plus」という製品があり、シリーズの上位版という位置づけらしい。
価格はダウンロード版で5980円、パッケージ版は7480円。
IOデータのオンラインショップ「ioPlaza」や株式会社アスクの「askware」、Amazonで購入できるようだ。

また出費か?と、このソフトの概要を読んでみると、既に持っている「PowerDVD」とよく似ていることに気づいた。
以前、DVDやブルーレイの視聴のみならず、ベイコムのSTB内の録画データをPCで視聴するために購入したPowerDVD
DLNAのサーバー・クライアント機能を持つこのソフトは、ひかりTVのチューナーにも使えそうだ。
ぶーの持っているPowerDVDは最新のVer.13ではなくVer.12だが問題はないだろう。

チューナーのホームサーバ機能を有効にすると、しばらくしてPCにメディア機器として認識された。
PowerDVDを立ち上げると、サイドバーの「ホームメディア(DLNA)」に「StreamCruiser Smart TV 3200_…」として表示されている。
それを選択すると「ビデオ」というフォルダーがあり、さらに中に「多チャンネル」「録画一覧」「地上デジタル」「BSデジタル」というフォルダーがあった。
「多チャンネル」フォルダーを開くと、現在放送中の番組がリストアップされている。
チャンネル名が表示されていないので、すべての番組が表示されているのかどうかはわからないが、契約外のチャンネルもリストアップされているようだ。
もちろん契約していないチャンネルは見ることはできない。
また、リストアップされている番組名は、接続時の番組名のようで、最新の番組名を見るにはリストをリロードする必要があるようだ。
契約チャンネルはちゃんと視聴できた。

「録画一覧」フォルダーには「ジャンル」などのフォルダーがあり、チューナーにつながれたHDDに録画された番組が示されている。
こちらももちろん再生可能だ。

「地上デジタル」フォルダーにはエラーが出てアクセスできない。
地デジ配信を受けていないので当然だ。

「BSデジタル」フォルダーでは、BS1とBSプレミアムを見ることができた。

おおむね問題なく、視聴できるわけだが、2か国語放送では注意が必要だ。
放送、録画にかかわらず、2か国語放送では主副の両音声が鳴る。
主副が左右の音声に割り当てられているようで、片方だけを聞くには片方のボリュームを絞るしかない。
2か国語放送に限ってはモノラル音声ということだ。

いろいろ設定項目を探してみたが、解決策は見当たらなかったので、片方を絞って聞くことにした。
(*≧m≦*)ププッ

「DiXiM Digital TV 」なら解決できているのだろうか?
少し気になるところではあるが、それだけを試すためにこのソフトを買う気にはならない。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

原因不明のパソコン不調?     プリンター編

前回、前々回と突然発生したパソコンの不調について書いてきたが、今回もその続きだ。

タイトルからすでに分かるように、今回はプリンターが使えなくなった。
前回のサウンド同様、「デバイスマネージャー」や「デバイスとプリンター」ではきちんと表示されている。
だがワードなどを開いて印刷しようとすると「プリンターがインストールされていません。」となる。

デバイスとプリンターに表示されているプリンターのドライバーを更新してみる。
更新は無事終了するが、プリンターは使えない。

印刷ジョブは見かけ上のプリンターには送られているが、プリンターはうんともすんとも言わない。
プリンターが見つからないとも言わないし、印刷ジョブが中断されることもなく印刷中が延々と続く。

仕方ないので、印刷ジョブをキャンセルしてデバイスを削除し、新たにプリンターをインストール。
今回は難なく動くようになった。

今回のトラブルは大したものではなかったが、IME、サウンド、プリンターと続いてなので少々うんざり気味だ。

これ以上なければいいが、正月にはHaswellでも使って新しい PCを組みたいものだ。......

原因不明のパソコン不調?    サウンド編

システムの回復後、音が鳴らなくなってしまったわがパソコン。
実は音が鳴らなくなったのはHDMI経由のみであることが分かった。

このパソコンはオンボードでRealtekのサウンドチップを積んでおり、背面のスピーカー出力ジャックからは音が出ていることが分かった。
このジャックにはヘッドホンが接続されており、普段は使っていない。
普段はHDMIによりモニターのスピーカーから音声は出力している。

再生デバイスのダイアログを開いてみると、HDMI、スピーカー、デジタルアウトプットの3つのデバイスが認識されている。
デバイスマネージャーを開いてみても、同様に認識されており、ハードウエアとしての接続は認識されているようだ。
ただし、HDMIにはサウンドレベルが表示されておらず、既定のデバイスとして指定することもできなくなっていた。

実は前日にモニターを繋ぎ替えており、グラフィックボードのドライバーも更新していた。
その時にHDMI用のサウンドドライバーも書き換えられたはずだが、システムの復元でおかしくなったのか?

まず、グラフィックボードのドライバーをアンインストールして入れなおしてみた。

改善されず。

realtekのWindows8.1に対応したサウンドドライバーをインストールしてみた。

さらに悪化。
今度はオンボードからも音が出なくなった。
サウンドデバイスはインストールされていません状態に。
(;-_-) =3 フゥ

しかし、再生デバイスやデバイスマネージャーでは相変わらずちゃんと認識されている。
ドライバーの入れ替えや設定変更など試行錯誤すること約6時間。
いっこうに修復のメドは立たず。

ここでまた最後の手段。
そうシステムの復元だ。

今度は前回よりさらに前の時点へ復元。
モニター交換前、すなわち最初のディスプレイドライバーインストール前に復元した。

復元後の再起動で何事もなかったようにWindowsの起動サウンドが流れる。
復元成功。
ただし、ディスプレイ解像度は変だ。

そう、そもそもディスプレイ解像度が変だからドライバーを入れたんだから。

変というのはアンダースキャン状態のことで、前のモニターは1680x1050の解像度だったが、グラフィックボードからは1920x1080と認識されていた。
それをそのまま1920x1080の解像度のモニターにつなぐとレターボックス状に黒縁がついて画面中央に表示される。
この状態をアンダースキャンというらしいのだが、Windowsに標準で入っているドライバーではこれを直せない。
そこでグラフィックボードのドライバーの出番となったわけだ。
このパソコンのグラフィックボードはAMDのRADEONなので、Catalyst Control Centerで設定を変更する。
スケーリングオプションでオーバースキャンを0%に設定すれば画面いっぱいの表示になる。

再度、ドライバーを入れて設定し、とりあえずは元に戻った?...はずだ。
今のところ、IMEもサウンドもトラブルはない。

せっかくダウンロードしたが新しいサウンドドライバーは入れていない。
古くてもサウンドに不満はないので、あえて危険は冒さないことにした。

歳を取ると保守的になるのかなあ。
何はともあれ直ってよかった。
ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

原因不明のパソコン不調?    IME編

一昨日の午後、パソコンがいきなり原因不明の不調に陥った。

まず取っ掛かりはキーボードの不調。
IMEが使えなくなり、日本語入力ができなくなった。
アルファベット、数字、記号のいわゆる直接入力はできるものの、IMEが起動しない。
ぶーはWindowsのMicrosoftIMEをそのまま使っているが、設定しようとしてもグレーアウトしていて有効にできない。
Office付属のIMEを登録して切り替えようとしたが、これもダメ。

午前中は普通に使えていたのだが、外出から戻って、さあ使おうという時にこうなっていた。
ぶーの場合、パソコンは朝起動するとたいていは夜寝るまではそのまま動かしている。
外出時もいちいちシャットダウンしたりはしない。

異変は外出時の3〜4時間に起こったようだ。
調べてみると、この間、Windows UpdateによりIMEの郵便番号辞書が更新されていることが分かった。
ネットで更新に失敗するとか、何度も更新がリストアップされるとか評判になっていたバージョンの更新版だ。
とりあえず、郵便番号辞書をアンインストールしてみる。
症状に変化なし。

仕方ないので、システムの回復を使い、辞書更新前に復元してみる。
IME復活。
しばらくするとまた郵便番号辞書が更新された。
またIMEが不能になった。

プログラムと機能にはいくつかの辞書のアップデートが登録されていたが、このうち...552..というバージョンの郵便辞書とこの新しい郵便辞書の相性が良くないようだ。
古い方の郵便番号辞書のアップデートをアンインストールしてみたが症状は改善しない。
新しい方の郵便番号辞書も削除し、再起動。
Windows Updateでもう一度郵便辞書をアップデートしてみる。
今度は不能にはならないようだ。
これで一安心。・・・と思ったのも束の間。

何かおかしい。

音が出ていない?
いつから??
どうやらシステムの回復後からのようだ。

なぜ???

.........次へ続く

Windows7→Windows8→Windows8.1

先日公開されたWindows8.1ですが、皆さんはどのように入手されたでしょうか?

Windows8.1のパッケージ版、もしくは8.1が導入されているPCを購入した。
Windows8からストア経由で無料アップグレードした。
その他、またはアップグレードしていない。

って感じだと思うんですが、ぶーの場合は△任后

従来、新OSが出た時は、原則クリーンインストール派なんですが、△両豺腓肋綵颪インストールしかできません。

案の定、マイクロソフトコミュニティには関連の投稿がされています。
「Windows8ユーザーが、Windows8.1を無料でクリーンインストールするにはどうすれば良いのか?」

現在の模範解答は、「Windows8のクリーンインストール後、ストア経由で8.1にアップグレードする」または、「無料はあきらめてWindows8.1のパッケージ版を買う」ということのようです。

現状では、Windows8ユーザーが8をインストールすることなく、Windows8.1をインストールする方法は無い様です。

Windows8発売時からだと思うのですが、マイクロソフトはプロダクトキー認証によるWindowsのダウンロードを提供しています。
ダウンロードページには、現在Windows8とWindows8.1のダウンロードができるようになっています。

ぶーはWindows8をダウンロードで購入しました。
インストール用のファイルはUSBメモリーに保存されていて、Windows8の再インストールはそれを使うことで可能です。
もし、このUSBメモリーのデータが壊れた時には、プロダクトキーを使ってダウンロードページからWindows8のファイルを再ダウンロードすることができます。

Windows8.1は、Windows8ユーザーには無償で提供されていますが、Windows8のプロダクトキーを使ってWindows8.1のファイルをダウンロードすることはできませんでした。
プロダクトキーが間違っていると言われて先には進めません。
当然といえば当然です。
バージョンが違う商品は、別の商品として今までも扱われてきました。

しかし今までと大きく違うのは、今回は無償で提供されているということです。
そう、まるでサービスパックのように。
過去のWindowsは、無印Windowsにサービスパックを適用したインストールディスクを作成することを許可していました。
作り方さえ公開していました。
今回の場合は、まだ手段が用意されていません。

・インストールディスクの実費提供
・Windows8のプロダクトキーでのWindows8.1のダウンロード
の2つが近々実現することを切望しています。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

Windows 8.1 Pro ファーストインプレッション?

やっとアップデートも終わり、動き出したWin 8.1 Proです。
上書きインストールとはいえ、一応新しいOSになったということで、Win 8でのイレギュラーな設定のいくつかは見事にリセットされていました。

ユーザーアカウント(control userpasswords2)を使った自動ログインの設定や8GadgetPackを使ったWindowsGadget(CPU&MEM meter 供砲良充┐それに当たりますが、気づいていないだけでまだあるかもしれません。

スタート画面のタイルデザインや配置などは変更されたようですが、あまり使っていなかったので全く気にはなりません。

デスクトップ画面の壁紙やアイコンの配置、タスクバー上のクイック起動アイコンなどは維持されていました。

起動時間は8に比べ、かなり伸びたように感じます。
起動画面をデスクトップ画面にしたせいでしょうか?
自動ログインは8でも設定していたので差は無いはずです。

OSはあくまでも土台ですから、安定性第一。
余計な主張は要らないというのがぶーの感想です。
Archives
記事検索
Amazonライブリンク
カスタム検索