今の職に就いてAndroid端末を手にする機会が大幅に増えた。
スマホ、タブレットを問わずだ。

しかしぶーは、iOS派であり、スマホはiPhone、タブレットはiPadだ。
そんなぶーには、Androidのアイコンの意味さえ分からない。
Android派には当たり前の簡単な操作も、ぶーにはまったく未知の操作であり、
Android派にはお約束の機器の挙動も、ぶーには不可解な挙動でしかない。

混在するバージョンでなぜか違うアイコンや動作も、この新参者にはトラップ以外の何物でもない。

と、感じ続けた数ヶ月を過ごし、最近やっと少し使えるようになってくると、iPhoneにはないジャンルのアプリがAndroidにはあるのだということもわかってきた。
正確にはiPhone、iPadではAppleが許可しないアプリといったほうが良いのかもしれない。

一例を挙げれば、ネットワーク関連のツールなどだ。
Wi-Fiスポットなどを探したり、回線速度を計測するツールはiOS用にもあるが、Wi-Fiチャンネルの混雑状況を表示したり、詳細を調べるツールは存在しないようだ。

さらに、ぶーはiPhoneのGPSにはかなり不満を持っている。
大昔持っていたauのガラケーのほうがはるかに正確だったと思っているくらいだ。
AndroidのGPSがどれほどのものなのかはまだ知らないので、ぜひ試してみたいと思っている。

だが、Xperiaなどの高い端末は買えないので、今流行りの格安スマホなどに触手が伸びるわけだが、それはまた次回に・・・。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!