手持ちのPCをWindows10にアップグレードして数日経つが、ある事に気付いた。
PCによってインストールされたWindows10のバージョン(ビルド)が違う様だ。
システムのバージョン情報で見てみると、今回アップグレードした3台のうち、1台はコルタナが使えるバージョン1511、OSビルド10586.11だが、他の2台はバージョン情報に「バージョン」や「OSビルド」の項目はなく、管理ツールのシステム情報で見ると、「バージョン 10.0.10240 ビルド10240」と書かれている。
同じ様にもう1台の方も観てみると、「バージョン 10.0.10586 ビルド10586」になっていた。

使用に当たっては、コルタナが使えない以外の違いは判らないが、何か気持ち悪い感じは残る。
実際にはコルタナは使わないだろうから、違いは全くないが、新しいモノ好きのぶーとしては意図ぜず古いものを掴まされた感が否めない。

Windows Updateをしても「お使いのデバイスは最新の状態です」と言われるだけ。
動作に大きな不具合はないので、もう8.1に戻す事はないだろうから、ディスクに居座るwindows.oldは削除しておいた。

昨日になって、タブレットPCのW4-820の方のWindows Updateに新ビルドへのアップデート通知が来た。
早速アップデートしてみると、アップデートに掛かった時間は約50分。
バージョン情報には「バージョン1511 OSビルド10586.14」と書いてある。
ちなみに、最初にビルド10586にアップグレードしたPCはi7-3770で64ビット版のWindows10だが、W4はAtom-Z3740で32ビット版のWindows10だ。

ともあれ、W4ではコルタナが使えるようになった。
タブレットでコルタナが使えるのは便利かもしれないが、人前でPCに話しかけられるほど若くはない。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

追記  今朝起動してみると、i7-PCのビルドも10586.14に上がっていた。更新されたようだ。