ひかりTVの放送中や録画した番組をネットワーク上のPCで視聴しようと思い、ちょっと試してみた。
ひかりTVのサイトには、Android機のスマホやタブレットでの視聴についてはページを割いて説明されているが、パソコンについては書かれていない。
ダブルチューナーのIS1050については、録画した番組をホームサーバで視聴する方法は書かれているが放送中の番組視聴については書かれていないようだ。

そう思いながらひかりTVのサイトを探し回っていると、思わぬ浅いところに答えは見つかった。
http://www.hikaritv.net/application/ の「もっと活用しよう」というページに、ひかりTVのDLNA機能について簡単に書かれていた。
このページによると、放送中や録画済みの番組をネットワーク上のPCで視聴するには、チューナー以外に「DiXiM Digital TV 2013」というDigiOn製のソフトが必要なようだ。
少し調べてみると、「DiXiM Digital TV 2013」はバンドル専用製品のようでIOデータの「RECBOX」にバンドルされているらしい。
市販製品としては、「DiXiM Digital TV Plus」という製品があり、シリーズの上位版という位置づけらしい。
価格はダウンロード版で5980円、パッケージ版は7480円。
IOデータのオンラインショップ「ioPlaza」や株式会社アスクの「askware」、Amazonで購入できるようだ。

また出費か?と、このソフトの概要を読んでみると、既に持っている「PowerDVD」とよく似ていることに気づいた。
以前、DVDやブルーレイの視聴のみならず、ベイコムのSTB内の録画データをPCで視聴するために購入したPowerDVD
DLNAのサーバー・クライアント機能を持つこのソフトは、ひかりTVのチューナーにも使えそうだ。
ぶーの持っているPowerDVDは最新のVer.13ではなくVer.12だが問題はないだろう。

チューナーのホームサーバ機能を有効にすると、しばらくしてPCにメディア機器として認識された。
PowerDVDを立ち上げると、サイドバーの「ホームメディア(DLNA)」に「StreamCruiser Smart TV 3200_…」として表示されている。
それを選択すると「ビデオ」というフォルダーがあり、さらに中に「多チャンネル」「録画一覧」「地上デジタル」「BSデジタル」というフォルダーがあった。
「多チャンネル」フォルダーを開くと、現在放送中の番組がリストアップされている。
チャンネル名が表示されていないので、すべての番組が表示されているのかどうかはわからないが、契約外のチャンネルもリストアップされているようだ。
もちろん契約していないチャンネルは見ることはできない。
また、リストアップされている番組名は、接続時の番組名のようで、最新の番組名を見るにはリストをリロードする必要があるようだ。
契約チャンネルはちゃんと視聴できた。

「録画一覧」フォルダーには「ジャンル」などのフォルダーがあり、チューナーにつながれたHDDに録画された番組が示されている。
こちらももちろん再生可能だ。

「地上デジタル」フォルダーにはエラーが出てアクセスできない。
地デジ配信を受けていないので当然だ。

「BSデジタル」フォルダーでは、BS1とBSプレミアムを見ることができた。

おおむね問題なく、視聴できるわけだが、2か国語放送では注意が必要だ。
放送、録画にかかわらず、2か国語放送では主副の両音声が鳴る。
主副が左右の音声に割り当てられているようで、片方だけを聞くには片方のボリュームを絞るしかない。
2か国語放送に限ってはモノラル音声ということだ。

いろいろ設定項目を探してみたが、解決策は見当たらなかったので、片方を絞って聞くことにした。
(*≧m≦*)ププッ

「DiXiM Digital TV 」なら解決できているのだろうか?
少し気になるところではあるが、それだけを試すためにこのソフトを買う気にはならない。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!