先日公開されたWindows8.1ですが、皆さんはどのように入手されたでしょうか?

Windows8.1のパッケージ版、もしくは8.1が導入されているPCを購入した。
Windows8からストア経由で無料アップグレードした。
その他、またはアップグレードしていない。

って感じだと思うんですが、ぶーの場合は△任后

従来、新OSが出た時は、原則クリーンインストール派なんですが、△両豺腓肋綵颪インストールしかできません。

案の定、マイクロソフトコミュニティには関連の投稿がされています。
「Windows8ユーザーが、Windows8.1を無料でクリーンインストールするにはどうすれば良いのか?」

現在の模範解答は、「Windows8のクリーンインストール後、ストア経由で8.1にアップグレードする」または、「無料はあきらめてWindows8.1のパッケージ版を買う」ということのようです。

現状では、Windows8ユーザーが8をインストールすることなく、Windows8.1をインストールする方法は無い様です。

Windows8発売時からだと思うのですが、マイクロソフトはプロダクトキー認証によるWindowsのダウンロードを提供しています。
ダウンロードページには、現在Windows8とWindows8.1のダウンロードができるようになっています。

ぶーはWindows8をダウンロードで購入しました。
インストール用のファイルはUSBメモリーに保存されていて、Windows8の再インストールはそれを使うことで可能です。
もし、このUSBメモリーのデータが壊れた時には、プロダクトキーを使ってダウンロードページからWindows8のファイルを再ダウンロードすることができます。

Windows8.1は、Windows8ユーザーには無償で提供されていますが、Windows8のプロダクトキーを使ってWindows8.1のファイルをダウンロードすることはできませんでした。
プロダクトキーが間違っていると言われて先には進めません。
当然といえば当然です。
バージョンが違う商品は、別の商品として今までも扱われてきました。

しかし今までと大きく違うのは、今回は無償で提供されているということです。
そう、まるでサービスパックのように。
過去のWindowsは、無印Windowsにサービスパックを適用したインストールディスクを作成することを許可していました。
作り方さえ公開していました。
今回の場合は、まだ手段が用意されていません。

・インストールディスクの実費提供
・Windows8のプロダクトキーでのWindows8.1のダウンロード
の2つが近々実現することを切望しています。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!