先日ブログでAKB辞退を発表した増田有華が昨夜の公演のステージでファンに謝罪した。

気持ちはブログに書いた通りとしながらも、「ちょうど卒業を考えていた・・・」とか無神経に一言多いのも増田らしさかもしれない。
卒業と辞退は全く別物だという事がわかっていないのだろうか?

卒業を考えていたのなら、尚更もっと慎重になるべきだった。
せっかくチャンスを与えられて、大成功かどうかは知らないが一応大役は無事果たせた。
ここからさらにステップアップしてもっと大きな舞台へ、と言う事になれば、後に続く後輩たちにもよい道を残せただろう。
最後がこれじゃあ、「やっぱりAKBは外に出たら世間知らずの小娘で、調子の乗って不倫してクビになった」と言われても仕方ない。
もう誰もAKBを抜擢しようなんて思わなくなるよ。