日本時間の本日午前2時からのアップルの発表会で、かねてから噂の「iPad mini」が発表されました。
7.9インチのディスプレイは、iPadと同じ1024×768の解像度を持ち、Wi-Fiは高速な5Ghzの「a」にも対応。
LTE対応のセルラーモデルも用意され、KDDI(au)からも提供されるようです。
Retinaディスプレイではありません。。

価格は最も安いのが、16GBのWI-Fiモデルの28800円。
最も高いのが、64GBのセルラーモデルで55800円です。

ライバルはズバリ、GoogleのNEXUS7でしょうが、ストレージ容量の同じ16GBWi-Fiモデルで9000円の高値です。
アルミ削り出しのボディは、確かにNEXUS7と比べて高級そうですが・・・

iPhone5を持っている人は、テザリングを使うつもりでWi-Fiモデルを買うんでしょうかねえ?

また、今回はminiだけではなく、iPadもニューモデルが発表されました。
新しいDockコネクターであるLightningに変更したモデルが出るのではないかという噂もありましたが、新iPadが出てからまだ7ヶ月ほどしか経っていない事もあり、マイナーチェンジではないかと言われていました。

ところが発表されたiPadは、4th Generation(第4世代)と銘打ち、大幅なアップグレードがなされていました。
・DockコネクターはLightning
・セルラーモデルはLTEに対応
・プロセッサーを処理能力2倍の「A6X」にアップグレード
などなど

どんな製品にも「型落ち」の宿命からは逃げられません。
いかなる新製品もいずれは型落ちになりますが、今回は少し早すぎた・・・
数ヶ月前にiPadを購入したばかりのぶーにとっては、「型落ち」ならぬ、テンション「ガタ落ち」です。。

気を取り直して、
発表会では、新しいiMacやMac miniなども発表されましたが、ぶー的に特に気になったのは、
新しい「13インチMacBook Pro」です。
13インチモデルにもやっとRetinaディスプレイモデルが出ました。
解像度は従来の4倍。
チップセットには、IvyBridgeを採用し、新世代のCore iプロセッサーで駆動します。
価格はかなり高価になってしまいましたが、かなりぶーの物欲をそそります。

とか言ってる間に、どうせRetinaのMacBook Airとか出ちゃうんだろうなあ〜。
(*≧m≦*)ププッ