早いもので、iPhone5登場からもう1ヶ月が経とうとしているが、

少し大きくなったサイズにも知らぬ間に慣れて、縦長になった液晶も元からこの比率だったのではと思うほど違和感もない。

シックで落ち着いた色合いやLTEを掴めば明らかな差を実感できるほどの通信の高速化、基本性能の向上などiPhone4から乗り換えて実に満足しているのだが、やっばりホームボタンだけはいただけない。

新設計されたらしいが、押すたびにペコペコと安っぽい音を出し、二度押し、三度押しするには明らかに不向きで不快なレスポンスの悪いクリック感。
某分解サイトによると、4や4Sに比べてメンテナンス性は向上したらしいが、チープさはそれ以上に上がった。

いくつかの製品にとってその製品が出す音はとても重要なファクターであると、ぶーは思っている。
ZIPPOの蓋を開け締めした時の澄んだ金属音やベンツのドアを閉めた時の重厚な低音などはぶーの大好きな音だ。
ベンツのドアを閉めた時、軽自動車のドアみたいな薄くて軽い音だったらなんか興醒めだ。
iPhone5のホームボタンの音は、ぶーにとってまさに軽自動車のドアの音なのだ。
さらにそこには、壊れそうだというイメージ付きだ。

まあ、今後改善されてもぶーのiPhone5はそのままなので、くやしい思いをするだけなんだけどね。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆