追突事故に逢ってから2週間が経過し、そろそろ愛車も直って来るかな、などと思う今日この頃だ。

代車にレンタカーをお借りしているので、日常の足には何の不自由もないが、勝手の違うキーレスに未だ戸惑いを隠せないぶーである。

閉めたつもりが閉まっていない。
開けたつもりが開いてない。

うちの駐車場はリフト式の下側(地下)なので、出庫時には必ずカギを使って上げなければならない。
リフトを上げ、車に乗り込みエンジンを掛け、車をリフトから降ろして、リフトをまた下げておく。
日常普通に行なっているこの一連の動作に、車のカギを使うという行為は存在しない。
スマートキーを身に着けてさえいれば、ドアは勝手に開き、エンジンもキーレスで掛けられる。
車から一定の距離を離れれば、ドアは自動で施錠される。

すっかりとこんな状況に慣れてしまって、ドアロックの操作やカギを差し込んでエンジンを掛けるという当たり前の事さえ面倒に感じるような横着者になり下がっている。
この横着者には、ドアの開閉だけを操作するキーレスは実に不便だ。

物損事故なので当然と言えば当然ながら、あれ以来保険会社などからの連絡もない。

ああ〜、早く直ってこないかなあ〜〜。

ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!