前回書いたお気に入りアプリ「7notes mini (J) for iPhone」の続きをもう少し。
このアプリの入力方法は3種類。

Stroke 
いわゆる手書きで、書いたままが手書き文字で入力される。
「後から変換機能」でフォントに変換できる。

Convert 
手書きで書いた文字を随時フォント文字に変換及びかな漢字変換してくれる。
その速さと精度の高さは必見。

Keyboard
普通のスクリーンキーボードによる入力。
フリップ入力ももちろんできる。

中でもConvertモードの入力は、特筆もの。
句読点や数字の入力にほんの少し慣れはいるかもしれないが、多少字が汚くても、走り書きでもかなりの精度で正しく認識してくれる。

また、「後から変換機能」は、Strokeモードでとりあえず走り書きしてとったメモを、後からフォント文字に変換できる。もちろんかな漢字変換もOK!
認識できない文字も修正しながら、きれいな文書を作成できる。

すごいねえ〜〜